車検の期間が迫ってきています|シッカリ理解しておこう

白い車

清潔にマットを活用する

車体

カー用品店などで販売されているカーマットを敷くと、車内の汚れを防ぐことができます。カーマットを活用するときは、防水対策用のものと純正交換タイプの二種類が存在することを知っておきましょう。これを使用することで自動車の中を清潔に保ち、快適なドライブを楽しみましょう。

Read More

車の維持費とその軽減方法

婦人

車によっては2年ごと、定期的に必要になる車検代は車を維持するためには避けられないものです。少しでもこの費用を抑えていきたいのであれば神奈川地域の業者でもより基本料金が安いところ、追加料金が発生しないところを優先的に探していくといいでしょう。

Read More

綺麗な状態を維持する

運転手

マット活用上の注意点

カーマットを活用するにあたっての注意点としては、まずアクセルペダルやブレーキペダル、あるいはクラッチペダルなどの操作の妨げとならないようにカーマットを配置する工夫をしましょう。そして必ず動作テストを行って、アクセルやブレーキをきちんと踏み込むことができるのかどうかについても、しっかり確認をしておく事が大切です。アクセルやブレーキを踏み込むことができないと、最悪の場合事故に発展してしまいます。必ずカーマットを設置した後は事故防止のためにも、アクセルやブレーキなどといったペダル類をしっかりと踏み込む事ができるのかどうかについてもテストを行ないましょう。またカーマット自体が滑って、ペダル操作の妨げとならないように注意が必要です。

マットの特徴

カーマットの特徴としては、純正交換タイプの製品や、泥よけ目的の製品とがあります。カー用品店などに販売されており、純正品と比較してリーズナブルな価格で販売されています。純正交換タイプのマットは、カーペット状のものです。純正品が汚れてしまった時に、交換して活用します。また泥よけ目的のマットを活用する場合にはビニール製のやわらかい素材で作成されている防水マットを活用するようにしましょう。ビニール製のマットの場合には、マット底部分に泥が溜まるため定期的に清掃を行ったり、古くなったら交換する必要があります。ただ、一般的な活用を行った場合には10年以上活用する事ができる製品もあり、頻繁に交換するものではありません。丁寧に活用する事でマットの寿命が変わってきます。

車検の期間

車を安全に運転したい場合には必ず車検を行なうようにしましょう。車検には期間があります。通常は二年に一度車検を行なう必要があるのです。期間を忘れないようにしましょう。

技術力と安全が最も大切

ナビゲーション

車検は陸運局に持ち込まずに民間車検場で受けることができます。ディーラー、フランチャイズ店、町の整備工場などがあり、それぞれに特徴があります。ディーラーは自社メーカー専用に整備を行うので技術的に安心ですが高めです。フランチャイズ店は神奈川県をはじめ全国に展開しているので、利用しやすい特徴があります。

Read More